自社農園のこと



form*nature = farm は兵庫県丹波市にあります


2018年野菜計画

(10/28現在)

 

7月上旬の長期大雨と

その後の日照り続きにより

自社農園は大きな被害を受けました。

ほぼ全ての野菜を断念せざるを得なくなりました。

楽しみにしてくださっていた皆様、申し訳ありません。

これも自然のことと気持ちを切り替え

また来年につなげたいと思います。

 

 

【収穫中!】

 ・自家採種2代目 丹波献上本黒豆枝豆 

 

【畑に直まき済】

 ・なし

 

【育てた苗を畑に定植済】

 ・自家採種3代目 下仁田ねぎ

 

【育苗の為ポットに種まき済】

 ・自家採種4代目 赤そらまめ

 

 

 


たとえば空豆の莢は空を向いてみのることや

たとえばトウモロコシの髭に蜜蜂がよってくることや

たとえばミミズは毎日10gの土を食べ畑を耕していることなど

 

私たちは土に触れることをとても大切にしています。

野菜がどう成長していつ収穫するのか。

土の中の生きものたちはどう循環するのか。

草は季節によってどう生え変わっていくのか。

 

土に向き合うことによって命の循環が見えてきます。

 

私達のform*nature=farm は

日本の伝統野菜や、カラフルな洋野菜等を中心に

バーニャカウダやディップなど料理が楽しくなる野菜を

育てている野菜畑です。

 

全て固定種・自家採取の種で

農薬を使わず、肥料を入れず、草の力をかりた

自然栽培・草生栽培を目指しています。

 

※必要に応じて植物性の堆肥を少量使うことがあります。

 


固定種・自家採取の種とは

簡単に言えば種を作ることが出来る種になります

一般に多く流通している種とは違い

種を育て次の世代に受け継ぐことの出来る

遺伝子が固定された種の事です

その種を採取し子孫をつなげていくこと

これが自家採取という事になります

発芽率が低いことや成長スピードが種毎に違う事から

大量生産には向きませんが

それぞれの個性を強く感じることができます