form*natureのこと


私たちは有機栽培・自然栽培・自然農法のお野菜達を必要とされている方々へお届けしています。

農薬と化学肥料を使用せず、農薬・化学肥料を3年以上使用していない土での栽培を実践されている生産者の皆さんの野菜です。

また自社農園で農薬・肥料を与えずに自然な野菜を育てる農業家でもあります。

旬の時期に旬の野菜をお楽しみいただければと思っています。

育てる人 × 使う人 × 食べる人 を結ぶ

フォームナチュレは5つのコトを大切にしています。

 

お野菜をお届けするコト


主に西日本をメインとした生産者の野菜を、ネットショップを通じてお届けしています。

全て無農薬・無化学肥料以上の野菜です。

旬の野菜を通して季節を感じていただき、

届いた野菜で楽しくお料理し、安心して召し上がって頂ければと思います。

フォームナチュレの農法の概念はこのページの一番下をご覧くださいませ。

 

種をとるコト


自社農園form*nature=farmで育てている固定種野菜から種を採って未来に繋いでいます。自家採種です。種は自家採種を続けるにつれ、土や風や環境を記憶し、その土地ならではの野菜になります。

これから加速する自産自消の時代に向けて、家庭菜園やベランダ菜園をされる皆様に、安心安全な「種」で応援できればと思っています。 

野菜を育てるコト


兵庫県丹波市にある自社農園で野菜を育てています。無農薬・無肥料で、いわゆる自然栽培という農法で野菜を育てています。

草の種類で土の状態を、月の満ち欠けで栽培時期と植物の活動を、コンパニオンプランツで昆虫や微生物の動きを見ようと、楽しみながらゆっくり試行錯誤しています。

野菜のコト自然のコトを知るために畑をしています。主に種採り畑です。

詳しくは自社農園ページをご覧ください。


生産者ネットワーク

・兵庫県 4件(自社農園含む)

・大阪府 3件 ・奈良県 1件

・岡山県 1件 ・香川県 3件

・徳島県 2件 ・高知県 1件

・広島県 2件 ・長野県 1件

・熊本県 1件 ・宮崎県 1件

・大分県 1件 ・鹿児島 1件 

・千葉県 1件 ・愛知県 1件 

・北海道 1件 ・青森県 1件

・岩手県 1件 ※ゆっくりと拡大中

店舗様や医院様に野菜を卸すコト


レストランなどにお食事に来られるお客様の中でも、食の安全を意識される方が、増えています。今後はさらに増えていくと考えており、店舗様側も食材の質にどうこだわっていくかが一つのポイントかと思います。そういった店舗様・医院様へ野菜をご用意しています。

詳しくお気軽にはお問い合わせください。

 

 

いのちを伝えるコト


野菜と向き合うことは、土と向き合う事。

土と向き合うことは、その中の多くの命と向き合うことになります。

多くの微生物から昆虫、花粉を運ぶ虫や、

寄ってくる動物。種の事や畑での野菜の育ちかたから、薬を使わないことはどういうことなのか。そういったことをお話しさせていただきます。皆様の生活の中でふと意識していただけることがあれば幸いです。



 

社 名  合同会社フォームナチュレ

 

代表社員 田野泰久


所在地  大阪府池田市槻木町2‐7

     070-5268-4550

 

設立日  平成25年5月2日(木)

                    

業務内容 有機栽培・自然栽培・自然農法

     農産物の卸・小売り

     それらに関する全ての業務

 


 

すべては子ども達のアレルギーから始まりました。
食物アレルギー/アトピー性皮膚炎/ハウスダスト/花粉症などの症状がほどなくしてわが子に出てきました。

食べ物が原因のひとつではないか。

「今からでも遅くない。子ども達の体の中を綺麗にしてアレルギーを無くしたい」

そう思いすぐに活動を始めました。

 

100%変えることは出来なくても、一番食することの多い野菜だけでも安全なものをと考え、有機農家を手探りで探す日々が始まりました。

探し続けるうちに有機野菜であればなんでもOKという事ではないことに気づき、

自分が扱う野菜に妥協することだけはやめよう。そう決心しました。

 

本来野菜は種を播けばすぐ出来るものではありません。

発芽出来ないもの、畑の上で命尽きるもの、薹立ちをはじめるもの、病気にかかるもの

雑草に負けるもの、虫・鳥・動物に食べられるものなど、

農薬や化学肥料を使用しないと、さまざまな難がやってきます。

栽培期間も長く、収穫量もおのずと少なくなります。

 

毎年同じようにいかない気温や天候の影響を常に受けながら、

それでもその栽培方法にこだわり、信念を貫き通す生産者の皆さんがいます。

 

自然をめいっぱい感じながら、大切に思いを込めて育てられた野菜たち。

感謝の思いで頂いている内に、子ども達のアレルギー症状も次第に落ち着いてきました。

 

 

自分をつくる日々の食事を大切にすることは、自分自身を大切にすることにもつながります。

まずは一番身近な野菜から命を見つめるキッカケになりますように。

フォームナチュレの願いです。

 

代表 田野泰久

オーガニックコンシェルジュ協会認定

オーガニックコンシェルジュ


フォームナチュレでの農法の概念

全て農薬・化学肥料を使用せず生物多様性を含む土の力を

最大限に生かした栽培で育った野菜を取り扱っています。

●有機栽培=有機JAS野菜。無農薬・無化学肥料、有機肥料を使用し栽培

●無農薬・無化学肥料栽培=有機栽培と同じだが、有機JASの認定は受けていないほ場で栽培

●自然栽培=無農薬・無肥料、必要になれば植物性堆肥を使用し栽培

●自然農法=無農薬・無肥料・不耕起 自然に最も近く必要になれば極少量の植物性堆肥等を使用し栽培